返済の方法と約定返済額について説明します

今、主流の返済方式は「リボルビング方式」が採用される場合が多いです。この方法は利用限度額を設定し、そしてその金額を超えない場合ならば、お金を自由に借りることが出来ます。そして、毎回、一定の決まった金額を返済していくと言う形を取っています。

 

この方法はATMが普及しそして利用されることになってから、毎回お金を借りるための手続きや、返済の手続きを取ることなく取引をしていくことが出来ます。ですからATMを使用すると言う事に相性の良い返済方式です。

 

毎回支払う金額を最小返済額と言います。この金額を決める方法は業者によって少し違ってきます。

 

最小返済額の内容を詳しく見てみると「利息と元金」を合わせたものであります。この金額を「約定返済額」と言う事もあります。この金額は最少額であるわけですから、それ以上にお金を返済しても良いことになっています。今では、それぞれの業者が取引をした後に発行する明細書に、次に支払う最小返済額について記載してくれます。そうなので、どうやって返済するかを気にする必要はあまりありません。ですが最小返済額について詳しく知っている方が良いでしょう。

 

返済金充当順位について説明します

最小返済額は利息と元金を合わせたものであることは上記で述べた通りなのですが、利息と元金のどちらをまず優先されるかと考えると、利息が優先されます。お金を返済する時には元金が一番後回しにして充当されることになります。

 

この様な事はカードローンにおいて適用されるだけでなく、それ以外のローンにも適用されます。ですからお金の返済が滞り延滞料金が発生した場合の遅延損害金は一番最初に充当されることもあります。

 

口座振込といったキャッシングを利用する場合には、その時の振込手数料分を次回、お金を返済する時に最も優先されて充当される企業もあります。つまり「元金」は様々な手数料をまず引いてから、充当されていくという流れになります。

 

これはお金を借りると言うシステムを考えれば当然かもしれません。元金を減らさず、しかし、利息はきっちり返済してもらいたいという金融業界の構造によるシステムなのでしょう。

 

35日サイクルの欠点について説明します

35日サイクルの返済方式では、締切日までにお金を返済すれば良いことになっています。しかし、返済日寸前まで、お金を返済せずに35日サイクルでお金を返済していくことを日常的に行う場合が、悪い印象を業者に持たれてしまうかもしれません。ですから余裕があるときには早めの返済を心がけましょう。

 

消費者金融に悪い印象を与えてしまう例を紹介します

1.いつも返済日寸前になるまでお金を返済しない人です。
この様な印象を持たれないように、余裕があるときは早めの返済をしましょう。

 

2.最小返済額だけ返済をしてしまうような場合です。
最小返済額だけ返済しているよりは、時々多めに返済すると印象は悪くなりません。

 

3.返済したらすぐにお金を借りてしまう場合です。
すぐにお金を借りてしまわないように、返済が完了したら即座にATを後にしましょう。

 

この様な事を実践していれば企業から良い印象を受けられるかもしれません。元金を減らさずに、きっちり利息を返済していけばよい顧客というイメージを与えます。そうした場合は、借入可能額が増加するかもしれません。

いまさら聞けない。約定返済額とは何か?|即日審査キャッシングNAVI関連ページ

返済方法を選ぶ
返済日の設定
返済の相談
返済方法その1
返済方法その2
返済方法その3

このページの先頭へ戻る