自分に合った返済日の設定方法

返済日の設定方法には、いくつかの種類があります。これは一律ではなく、各金融機関が独自に設定を行っている部分ですので、自分が利用しているカードローン会社はどのパターンによって返済日を設定しているのか、必ず正確に把握しておく必要があります。

 

まず、毎月1回同じ日に返済日がくるように設定するパターンです。それぞれの会社により設定基準は若干異なる場合もあります。利用者が契約時に任意で返済日を設定するという場合もあれば、各社が何日か設定した返済日のなかから利用者が選ぶという場合もあります。また、繰上げ返済といって、その毎月の一定日でなくても前倒しにして返済を行うことも可能となっています。

 

この方法のメリットは、毎月の返済日が同じ日なので覚えやすいというところが挙げられます。デメリットとしては、返済日を変更する際には契約内容の変更手続きを行わなければならず、給料日を基準に返済日を設定していた利用者が転職にあたって給料日が変わったなどの場合、契約書の書き換えが必要になってしまうというところが挙げられます。

 

次に、35日サイクルの返済日というものがあります。消費者金融業界においては、なぜか35日サイクルで返済日を設定しているところが多くあります。これは、次回の返済日が今回の返済日翌日から35日以内になるよう、周期を設定しているものです。5週間後の同じ曜日、と捉えることができると言えるでしょう。

 

35日サイクルのメリットは、返済日が連動して動くため、利用者の給料日が変更になったなどの場合でも、フレキシブルに対応することができるというところが挙げられます。デメリットとしては、返済日を忘れてしまい、うっかり返済遅延を起こしてしまうというトラブルが非常に多く発生してしまうというところです。

 

利用者にとっていちばん利用しやすい、いくつかの返済日のなかから自分の都合に合わせて返済日を設定できるというパターンのものは、実は最近減ってきています。これは、金融企業側が返済日を統一させることによりコストダウンをはかり、カードローンの金利を低くするというところからきています。

 

これらの返済日の設定方法などもよく確認し、自分にあったカードローンを選ぶことをおすすめします。

基準を作って返済日を設定する|即日審査キャッシングNAVI関連ページ

返済方法を選ぶ
約定返済額
返済の相談
返済方法その1
返済方法その2
返済方法その3

このページの先頭へ戻る