カードローンの返済についてどこに相談すればいいのでしょうか

カードローンはとても便利な物ですし、沢山使ってしまうかもしれません。しかし、それにより自分の金銭感覚がずれてしまうかもしれません。そして多額の借金をしてしまう可能性もあります。もしかしたら返済額が大きくなりすぎて、困ってしまう人も居るかもしれません。そのような時にはどうすればいいのでしょうか?

 

最初に行うのは今の状態を把握することです

カードローンの返済が難しくなった時にまず把握するべきことは

1.どこの企業からどのくらい金を借りているのか
2.金利はどのくらいの大きさなのか
3.すべての金融機関から借りているお金の合計はどのくらくなのか
4.毎月返済する金額はいくらか

 

上記のようなことを確認しましょう。

 

この様な事を調べる事は、最初はやりたくないかもしれません。しかし借入金額を把握しない事には相談をしても、はっきりとした対策を見つけることが出来ないでしょう。まず把握することです。そうしたら下記のようなことを検討しましょう。

 

おまとめローンについて検討してみましょう

借入金額を把握できたら、まず最初におまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。おまとめローンは金利の小さい金融機関に借り入れをまとめる事です。

 

これによって返済日も一つにまとまります。ですから、お金を管理するのも簡単になる事でしょう。もしかしたら金利が低くなることで返済しなくてはいけない金額も減るかもしれません。そして、借金の返済計画を練るきっかけになるでしょう。

 

しかし、審査を通過できない事もあります。金利についても、低くならない事もあります。金利が低くならなければ毎月の返済額も下がりません。ですから、おまとめローンを利用する前にはしっかりと確認を取らなくてはいけませんね。おまとめローンでメリットを享受できない場合は、一本化はするべきではありません。

 

債務整理または自己破産という方法もあります

債務整理をしたり自己破産をするという方法もあります。この様な方法を実行したい場合には、弁護士または司法書士などの法律のエキスパートに相談する必要があります。もし、この様な事を実行する場合は、多額のお金が必要になります。相談の費用が無料であったり着手金が無料である事務所などもあり、報酬となる金額、そしてそれを支払う方法も一定ではありません。ですから、必要な金額をしっかりと調べ、そして信頼感がある法律の専門家へ相談をするべきでしょう。

 

公的機関の相談窓口も利用することが可能です

それ以外には、それぞれの居住地域にある、消費者の生活全般に対応している公的な相談窓口も存在しています。そして、そこでは多重債務に対しても相談を受け持ってくれます。ですから、これらに相談をして解決策を仰ぐことも良い方法です。しっかりとしたアドバイスをしてくれますから、良い方法が見つかるかもしれません。

 

上記の様に相談を承ってくれる期間は沢山あります。ですから、自分の力だけでは解決できない問題は、専門家や相談窓口に相談をすることで解決するよい方法が見るかるかもしれません。

カードローンの返済、相談は誰にするべき?|即日審査キャッシングNAVI関連ページ

返済方法を選ぶ
返済日の設定
約定返済額
返済方法その1
返済方法その2
返済方法その3

このページの先頭へ戻る