残高スライド元利定率リボルビング方式

残高スライド元利定率リボルビング方式とは、借りた金額の返済残高に利息を足した金額に定率をかけた金額を返済するというものです。利息と残高を足した上に定率をかけるので、借りた側が支払いの理解をしやすいというメリットがあります。

 

返済額が毎月いくらになるのか、という事に思い悩む必要が少なく、安心して返済が出来ます。返済額が解りやすく、また残高に対して少ない返済額を返せばいいので、月々の負担が減るのですね。しかし定率の返済方法は、月々の返済額が少なくて済む反面、返済が長期に渡るというデメリットもあります。後述する残高スライド元金定率リボルビング方式にも同じことが言えます。

 

残高スライド元金定率リボルビング方式

残高元利定率リボルビング方式と違う点は、借金残高に定率をかけたものに利息を足して返済するという点です。いわゆるリボ払いと呼ばれる方法ですが、返済者の負担が少ないため、クレジットカードの返済などによく利用される返済方法です。

 

元金に利息をかけて返済する方法だと、元金が少なくなるほど、返済の負担金が大きくなります。これは借りるときに返済の心配をしてしまいますね。そういう意味からもリボ払いは良く利用されるわけです。

 

しかし、ここで考えてみてください。返済金額が少ないということは、返済期間自体が長くなります。そして借金である以上、絶えず利息はかかり続けます。つまり返済にかかったお金をトータルすると実はリボ払いは、かなり元金より多めの支払いをしていることになるのです。

 

このように、借金の返済方法はメリット、デメリットがあります。しかし延べ金額が多くかかってもリボ払いの方が、生活の負担や精神的負担が少ない場合はそちらの方が良いでしょうし、トータルで損をしたくない場合は、リボ払いではない返済方法を考えた方が良いかもしれません。

 

自分には、どんな返済方法が向いているのか、今後の収入や状況もしっかり考え、カードローンを利用するときはしっかり考えておく必要があります。

 

また一度選択した支払方法にどうしても無理がある場合や事情が出来て、当初の返済方法が合わなくなった場合は、すぐに専門家に相談するなり、借りた金融会社に相談をしましょう。返済を一度滞らせると、かなり後々厄介なことになります。クレジットカードなどの返済方法はかなりいろいろな方法があります。借りる前に、いろいろ知識を付けておくのも良いでしょう。

残高スライドリボルビング定率方式とは? 返済方法その3|即日審査キャッシングNAVI関連ページ

返済方法を選ぶ
返済日の設定
約定返済額
返済の相談
返済方法その1
返済方法その2

このページの先頭へ戻る