さまざまな返済方法

カードローンの返済方法には、様々な種類があります。ここでは、その一部を紹介します。

 

まず、『残高スライドリボルビング方式』という方法を紹介します。これは、月々の返済額や最低支払い金額が、借り入れの残高に応じて変化する返済方法です。

 

たとえば、100,000円借り入れしたとすると毎月の定額返済が10,000円、また借り入れの額が300,000円以上となった場合は、毎月の定額返済が20,000円となる……といった仕組みです。つまり、月々の定額返済額が、借り入れをしている残高にあわせて変わっていくということがおわかり頂けると思います。

 

そもそも借り入れ残高によって定額返済の額が増える理由は、リボルビング払いのシステムにあります。借り入れをしている残高が高額である限り、元金の減りが極めて遅いのです。さらに、借り入れ金額が増えて残高が高くなった場合には、利息もそれに応じて高くなっていくという傾向にあります。つまり、月々の返済額が同じままですと、元金は減ることなく、反対に利息はどんどん増えてしまうというデメリットがあります。

 

こういった状況に陥ってしまうことを避けるため、消費者金融などでこの残高スライドリボルビング方式が採用されています。

 

次に、『残高スライド元利定額リボルビング方式』という方法です。先ほどの方式と似た名前ですが、こちらのほうが少々複雑で長い名前となっています。返済方法のなかには、いくつかの種類の残高スライド方式が含まれます。この残高スライド元利定額リボルビング方式というのは、利息分まで加算した毎月の返済金額自体が、借り入れしている金額の残高に応じて変化していく返済方法です。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式には、月々の返済金額を低く抑えるというメリットがあります。一方、デメリットとしては返済額のほとんどが利息の支払いとなってしまい、元金がなかなか減らないという点が挙げられます。

 

また、『残高スライド元金定額リボルビング方式』といったものもあります。この方法は、月々の元金と利息を合算して返済額とし、支払いを行うものです。利息を利用の金額に対してではなく、定額制として支払いを行うという特徴があります。通常リボルビング方式は、利用金額に関わらず定められた金額を支払うものとなっています。

 

残高スライド元金定額リボルビング方式のメリットとしては、月々の支払い金額が一定となり、変動がないということです。一定の支払い金額が決まっているため、計画的に返済を進めることができます。そういった理由もあり、現在多くのカードローン会社や消費者金融が、この方法を適用しています。

 

いかがだったでしょうか?
なかなか知らないことですが、カードローンの返済方法には多くの方式があります。それぞれの特徴をしっかり把握し、自分に合った返済方法を選ぶことが大切です。システム自体はそんなに難しいものでなかったとしても、細かいところをちゃんと理解していないために後々トラブルになってしまったりといったことが多くあります。特にそれぞれの方法のメリット・デメリットをきちんと理解した上で、返済方法を選ぶことをおすすめします。

 

ことに消費者金融を利用する場合、どうしても気になってしまうのは利率などだと思いますが、実は返済方法も大きく関わっているということを覚えておいてください。

返済方法次第でメリットもデメリットも 返済方法その2|即日審査キャッシングNAVI関連ページ

返済方法を選ぶ
返済日の設定
約定返済額
返済の相談
返済方法その1
返済方法その3

このページの先頭へ戻る