カードローンの返済方法について

あまり詳しく知っている人は少ないと思いますが、実はカードローンの返済方法にはいくつかの種類があります。ここでは、このカードローン返済の方法について紹介します。

 

まずひとつめですが、『元利均等方式』という方法です。これは、元金と金利を契約期間中に返済していくという方法のことです。この方法の利点は、返済額が一定の金額内で定まるため、返済の見通しが立てやすいというところにあります。計画的に返済をしていくということは、カードローンを利用するにあたって非常に大切なことなので、このメリットは大きく影響すると言えるでしょう。

 

ローンが変動金利に設定されている場合、返済額が5年ごとに変動していきます。その名の通り、金利が変動するローンのことを一般的に『変動金利』と呼びます。「金利が変動する」とだけ聞くと、金利が上がったときにとても高くなってしまうのでは?と心配になりますが、変動金利の金利には、金利が25%以内を越えてはならないという上限があります。

 

元利均等方式のいちばんのメリットは、金利の変動があっても負担が突然大きくなりすぎるという心配はいらないということです。一方デメリットとしては、元金均等方式と比較すると元金の返済する速度が遅いという点が挙げられます。そうすると、全体で見たときに返済の総額としては多少増えてしまいます。

 

この欠点があることもあり、最近のクレジットカード会社は元利均等方式に併せてリボルビング返済を取り入れているところが増えています。特に信販系・消費者金融においては、この傾向は顕著であると言えるでしょう。

 

次に、『元金均等方式』を紹介します。これは、元金返済額は毎月一定の金額に設定するものです。返済額には、元金返済額に利息が加算されます。利息が月々で変動していくため、毎月の返済額も変動し一定額にはなりません。つまり、元利均等方式と比べると、計画的な返済が少し難しい方法であるということが言えます。

 

それでは、元金均等方式のメリットはどこでしょうか?それは、返済額の残りがどのくらいあるかがわかりやすい、というところです。さらに、支払い開始の頃の支払額は比較的多くなるのですが、支払い後期には支払額が若干少なくなっていくという特徴もあります。

 

元利均等方式と異なり、毎月の返済額が一定かつ金利が増えてしまうシステムではありますが、元金均等方式は毎月の返済額が変化していきます。

 

また、さらに進化を遂げたカードローン返済方法に、『元利定額リボルビング方式』『元金定額リボルビング方式』『元利定率リボルビング方式』『元金定率リボルビング方式』という方法があります。

 

まず、元利定額リボルビング方式ですが、これは返済金のうち元金と利息の金額に関わらず、毎月の返済額が一定になる方法のことです。そしてリボルビング払いというのは、返済額の金額に関わらず、基本的に毎月一定の金額を返済するという方法のことを言います。

 

クレジットカードを利用している人なら、『リボ払い』という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、このリボ払いというのがまさに、リボルビング方式のことです。カードローンのなかでもクレジットカードでの返済の際や、消費者金融などで主に使用されるようになった返済方法です。リボルビング方式にも3つの種類があり、定額方式、定率方式、残高スライド方式に分けられます。

 

元利定額リボルビング方式において最も大きな特徴は、一定となる毎月の返済金額をいくらにするか、自分で設定することができるというところです。ここで設定した金額から利息分をひいた金額が、元金返済分となります。つまり、最低でも利息となる分以上の額は支払いを行わないといけないということになります。

 

次に、元金定額リボルビング方式です。こちらは、あらかじめ毎月の支払い額が振り分けられており、そこにさらに利息分を加算した金額が返済額となる方法のことをさします。この方法のメリットとしては、毎月元金と利息を確実に減らしていけるという点が挙げられます。コツコツ返済していきたいという人には、この方法がおすすめです。

 

元利定額リボルビング方式は、月々の元金に対し、あらかじめ定められている割合に応じて算出された金額を、返済日まで利息を加えて返済していく方法です。これはちょっとわかりにくいところがあるので、初めて利用する人は注意が必要です。

 

たとえば100,000円借りたとき、実質年利が12%、指定定率が5%となると、1ヶ月後の全体の返済額は101,000円になる計算となります。その中の5%、つまり5,050円を返済するという仕組みです。1回の返済が終わると返済残高は95,950円になり、次回の返済時には、また全体の残高に利息が追加され、その中の5%を払っていく……という仕組みになっています。

 

最後に、元金定率リボルビング方式です。これは、借り入れの残高に定められた率を加え、その支払額とともにその月の利息分を払うという方法です。この方法のメリットは、毎月の返済額がかなり抑えられ、同時に全体の返済額を減らすことができるというところです。

 

こちらで紹介した通り、カードローンの返済方法には様々な種類があります。自分に合った方法を見極め、無理なく計画的な返済を心がけましょう。

借入れ初心者は必見! 返済方法その1|即日審査キャッシングNAVI関連ページ

返済方法を選ぶ
返済日の設定
約定返済額
返済の相談
返済方法その2
返済方法その3

このページの先頭へ戻る