本人確認書類も審査対象となることを意識しよう

カードローンを申請するにあたっては、本人確認書類の提出が必要です。本人確認書類とは、いわゆる運転免許証やパスポート、保険証といった“本人確認ができる身分証明書”のこと。仮審査の段階では提示を求められることはありませんが、本審査では必要となりますから用意しておいてください。

 

さて、用意する身分証明書ですが、運転免許証でもパスポートでも、どれでも構いません。有効期限内で正規のものであれば、自分で自由に選ぶことができます。一般的なのは、運転免許証でしょう。

 

しかし、ローン審査においては“証明書も審査対象になる”ということを忘れてはいけません。審査対象であると意識したうえで、提示する証明書を決めることが大切です。

 

もしもあなたが、“自分の信頼性をより高めることができる証明書”(返済能力の高さを示すことができる証明書)を持っていたとすれば、運転免許証ではなく、そちらを提示したほうが好結果につながる確率が高くなる、ということを覚えておいてください。

 

運転免許証からでは、その人の仕事内容を推測することはできませんよね。これでは、例えあなたが大企業に勤めていたり公務員だったりしても、それをアピールすることができないわけです。それでは、もったいない!

 

よって、審査のプラスになるものが提示できるのならば、そちらを使うことをオススメしたいのです。あなたの信頼性を高めてくれる(返済能力の高さをアピールできる)身分証には、次のようなものがあります。

 

例えば「公務員共済健康保険証」。公務員という安定した職業についていることを保証してくれる証書ですから、これを提示することのメリットは大きいです。

 

また、「社会健康保険証」。社会健康保険といえば、サラリーマンをはじめとする多くの勤め人が加入しているもの。ですから、これを提示すれば、定職についていることを示すことができ、いい印象を与えられるわけです。その他、「組合健康保険証」なども、審査に有利に働く証書とされています。本人確認書類の提示が求められたとき、これらをお持ちであれば、ぜひ提示してください。

 

一方、だれでも持つことができる「国民健康保険証」などは運転免許証と大して変わりません。

 

カードローンの審査項目のなかで、本人確認書類の重要度は決して高くはありません。とはいえ、審査をスムーズに通過するためにも、できる準備は、一つでも多くやっておきたいところ。参考にしていただけましたら幸いです。


このページの先頭へ戻る