カードローンの申込における確認事項

カードローンの申込書の記入の際には、誤字・脱字・洩れ・ミスをしないことは基本中の基本です。単純な申込書における些細なミスによって、審査に通らなかったり、審査に時間が掛かったりすることが少なくありません。

 

情報の記入に対して厳しいのは、指定信用情報機関制度の影響のあります。現在は、すべての貸金業者に利用者の個人情報や借入実績などの情報を指定信用情報機関に登録することが義務付けられています。また、すべての貸金業者が指定信用情報機関に登録されている利用者の情報を共有できることで、総量規制をオーバーする貸出が防げるシステムになっています。従って、正確な個人情報は指定信用情報機関制度の根幹になっています。

 

例えば、貸金業者はカードローンの申込を受ける際には、一番確かな個人情報である「運転免許証」を提示してもらうことが貸金業法で規定されています。そのため、運転免許証を保有しているのに提示しないと、申込を拒否されることになります。 

 

審査における信用度

審査では信頼が重視されます。従って、定着性の低い借家より持ち家の方に評価が高くなります。固定電話の保有に対しても同様な見方をされます。

 

職業に対する評価は安定性からいって、公務員、大手企業社員、中小企業社員の順になり、パート・アルバイトにおける信頼性は非常に低くなります。また、自営業者も業績に左右されるため、安定的な収入という点で評価が非常に低くなっています。

 

なお、企業の社員と言っても、勤続年数1年未満の人は審査に落ちる可能性が高くなっています。

 

虚偽記載は問題外

申込書や契約書に嘘を書いて判明したら、その情報はすべての貸金業者が共有するため、二度と貸金業者の利用はできなくなります。


このページの先頭へ戻る