カードローン、どこで申し込む?その審査の基準とは

現在、さまざまな金融機関で取り扱われているカードローン。その審査の基準とはどのようなものなのでしょうか。審査の厳しいカードローンと審査が通りやすいカードローンをどうやって見分けるか、比較してみましょう。ただし、これからご紹介するのはあくまで一般論であり、例外もあります。

 

カードローン取扱金融機関と、審査のハードルの高さ

一般的に、上から審査が厳しい順に、

大手都市銀行カードローン
 地方銀行カードローン
 流通系・信託系銀行カードローン
 ネットバンクカードローン
 信販(カード会社)系カードローン
 大手消費者金融系カードローン
 中小消費者金融系カードローン

となっています。最も審査が厳しいといわれるのは、やはり大手都市銀行によるカードローンです。金利が低い分、審査も厳しくなるようです。また、銀行のカードローンでは、保証会社による審査を通過しなくてはならず、その審査も2段階で行われるなど、一般的に消費者金融などと比べるとハードルが高いのです。

 

金利の高さと審査のハードルの高さは反比例

上でも述べたとおり、カードローンの金利と審査の厳しさは、反比例の関係になっています。カードローンの金利が低ければ審査が厳しく、反対に金利が高いほど審査は通りやすいのが一般的です。

 

低金利のカードローンの場合、金融機関は貸し倒れ(デフォルト)になる率を下げないと利益が上げられません。そのため、ハードルを高くする必要があります。反対に、高金利のカードローンの場合は、デフォルト率が多少高くなっても多少の融通が利くことになります。ですから、その分借りる側のハードルが低くなっているのです。

 

新規カードローンはハードルが低い?

上記のほかにも、審査のハードルの高さを測る目安となる事柄があります。それは、各金融機関における、カードローンサービスそのものの運営歴・取り扱い歴の長さです。一般的に、カードローン取り扱い歴が長い金融機関の審査は厳しく、取り扱い歴が短いと、審査に通りやすいという傾向があります。

 

というのも、カードローンなどのいわゆる個人向け無担保ローンを取り扱うにあたり、金融機関にとって、その審査のノウハウは最高機密のひとつであり、経営自体に影響を与えかねない重要事項です。運営期間が長いほど、そのノウハウは蓄積されているはずであり、そういった意味では、新規にカードローンの取り扱いを始めた金融機関は、審査のハードルが低い傾向にあるのです。

 

積極的なキャンペーンを行っている=審査のハードルが低い可能性

CMなどで、カードローンの宣伝をしている金融機関をよく見かけます。こういった新規顧客獲得キャンペーンを積極的に展開しているところほど、審査に通りやすいと推察されます。というのも、各金融機関は、その経営計画においてカードローンの利用者数の目標値を設定しています。利用者がその目標数に達していない場合、キャンペーンを展開して、より多くの顧客を獲得しようとするのです。

 

つまり、金融機関としてはとにかく利用者数を増やす必要があるため、利用者にとっては審査に通る可能性が高くなると言えるのです。ただし、顧客獲得と審査とでは実際担当部署が分かれているため、誰にとってもハードルが低いというわけではないかもしれません。


このページの先頭へ戻る