カードローンの審査前チェックについて

初めてカードローンを利用する場合、誰もが不安を抱くかと思います。特に審査については心配事もあるかと思います。審査通過しないのではないかという不安もあるかと思いますが、各社様々なカードローンを比較検討し申し込みをする際には是非とも確認してもらいたいところがあります。そうすることによって、審査通過の確率をあげる事ができます。

 

他に借入額があるなら、その額を正確に把握していますか?

ここでいう借入額というのは、住宅ローンや自動車ローンではなく、キャッシングでの借入の金額についてです。自己申告で借入金額を記入する部分があります。借り入れの総額については、信用情報を紹介しするため、嘘の金額を書いてもバレてしまう仕組みになっています。

 

ここで重要なのは、信用情報と紹介した時に、数字の誤差があまりにも離れている場合は審査に通らなくなる可能性が高くなります。借入総額ももちろんですが、借入件数についてもしっかり把握しておきましょう。

 

在籍確認ができない状況にありませんか?

カードローンを申し込みの際に実施される「在籍確認」これは勤め先にカードローン会社と伏せた上で本当に勤務をしているのか?という実態を調査する為に電話をかけてきます。
そのため、会社が営業日でなければ意味がないということになります。

 

ですから、もしカードローンを契約の場合、会社が休業日という場合は在籍確認が休業日の為出来ないことをカードローン会社の担当者に伝えておきましょう。
後日、会社が営業日に在籍確認をとってくれます。

 

携帯番号だけを記入していませんか?

固定電話もありながらも、携帯番号のみ申し込み用紙に書く方がおられますが、審査が通過しやすいようにと思うのであれば、携帯番号のみならず、固定電話機の番号も記載しておきましょう。

 

もちろん、中には家族に内緒で借りたいという方もいるでしょうから、必ずしも書かなければならないというものではありませんが、先程も書きましたとおり、審査通過の確率をあげたいのであれば、家があるという証拠になる固定電話の番号も記載しましょう。

 

「生活資金の為・・・」と書くと審査に通過しにくくなります

申し込みにはアンケートが添えられてる事があります。アンケートだからと油断するかもしれませんが、これもれっきとした審査なのです。

 

自由記載欄に例えば「レジャー」と書くのであれば、一時的に費用が必要になったから借入れたいという事がわかりますが、「生活資金」と書いてしまうと、お金を借りなければ生活ができないほど困窮しているという評価になりますので、審査に落ちてしまいます。

 

誤字脱字はありませんか?再度チェックしましょう

最近ではインターネットからの申込も増えた為、変換のミスがある可能性があります。誤字脱字があるということは、審査の上でマイナスの評価になりますので、入力後は再度確認しておくことが大切です。

 

決して希望契約額を欲張らないこと

本当に必要な額よりも多くの金額を希望する人は少なくはありません。当然の事ですが、金額が上がれば上がるほど審査の基準は厳しくなります。そのため、本当に必要な金額はいくらなのか?という事をしっかりと検討した上で、申込みましょう。

 

半年以内に3件以上のカードローンの申し込みはしていないか

新たに申し込みをする際に、半年以内に3件以上のカードローンの申し込みをしていないか確認することをオススメします。仮に半年以内に3件の申し込みがあり、今回で4件目という場合は、カードローン会社からブラックとして取り扱われてしまいますので、審査が通らないという自体に陥ります。

 

現在では、カードローンも様々な会社が営んでおり、審査基準や審査の方法など各社異なっています。そのため、審査に落ちてしまっても、他のカードローンであれば審査に通過する可能性もあるのです。

 

ただし、先程も書きましたが、新規で申し込む場合、半年以内に3件以上の申し込みがある場合、カードローン会社からブラックとして評価されてしまいますので、そのあたりを注意しながら、1社だけで諦めるのではなく複数の会社の審査を受けてみることをおすすめします。


このページの先頭へ戻る