総量規制をご存知ですか?

総量規制という言葉をご存知ですか?これはお金を借りる際のルールで、その人の年収の3分の1以上にならないようにするためのものです。これからこの事に関して説明いたいます。

 

総量規制について

これは上でお伝えしている事と同じ内容になりますが、総量規制は1人の人の借金はその人の年収の3分の1以下ではなければならない、という事ですので、1つの会社から借りられるのが年収の3分の1という事ではありません。例をあげると、年収が150万の人がいたとして、収入の3分の1というのは50万円となります。この方がすでにプロミスから50万の借入があったとしたら、もう他社に申し込むことは出来ませんし、ほとんどの場合においてはクレジットカードも新規申し込みは受付られません。

 

逆に言うならば、借りているのが10万円であったならば50万円以内であればあと40万借りられますし、クレジットカードも新規申し込みをした場合その範囲内でしたら問題ありません。

 

何故、総量規制というものがあるのでしょうか

このルールがなかった時代には多重債務であちらこちらの消費者金融やクレジットカードで年収に見合わない借入をする人が多発し、大変な状況に陥って破産する人が多かったのです。それを防止するために出来た規制なのです。

 

総量規制のルールが出来た今でも、このルールが適応されない闇金融などにお金を借りて破産してしまうような人はまだまだいますが、それを考えてもこのルールによって普通の消費者金融からは借りることが出来なくなったため、以前よりかは断然この総量規制のルールのお陰で多重債務は減ったとされます。

 

総量規制にも対象外があります

総量規制のルールが存在しても、対象外となるものがあります。それは「事業のための借入」です。個人としてではなく、事業のために借金をする際にはこのルールが適応されずに個人として例え3分の1をすでに借りていたとしても事業用に借入することが出来るのです。

 

なお、事業に関してはこの総量規制というものはありません。その事業が軌道に乗っていようがいまいが、3分の1を超えてようが、貸出先が問題なければ融資をいくらでもすることが出来ます。そのため、よくニュースなどで耳にする「事業で何億円の借金が」というのは事業であるからであり、個人としてではないからです。

 

3分の1を借りれない場合もあります

カード会社や消費者金融はその会社のルールというのを作っている場合もあり、特に学生の場合は年収の10分の1までという規制をしている会社もあります。また、この3分の1というルールが適応されれば、例えニートであっても借りられるはずですが、年収が3万円の場合は1万円を借りることが出来るはずですが、こういったケースでは消費者金融の審査が通らない可能性が高いです。

 

当然ですが、消費者金融としても年間に3万円しか稼げない人にお金を貸すのは危険も伴いますし、1万円を貸したところで利益にもならないからです。以上、説明したように総量規制には一部例外もありますが、一般的には普通に借りる分には適応がされています。


このページの先頭へ戻る