カードローンはなぜ無担保・保証人なしで利用できるのか

ほとんどのカードローンは「無担保・保証人なし」で借入可能です。これはどうしてなのでしょう。その理由について以下に説明していきましょう。

 

カードローンは高い金利で利益を得られる

カードローンが無担保・保証人なしで利用できるのは、金利の高さに理由があります。

 

まずカードローンと住宅ローンを比較しましょう。カードローンの金利は5%から18%です。データによれば、平均の金利は15%程度となっているようです。対して、住宅ローンの金利は1%から2%です。両者の金利の差は明らかで、住宅ローンは低金利だとわかります。

 

住宅ローンの担保は、その住宅となります。もしも返済ができなかった場合、銀行は担保である住宅を売り、貸していたお金を回収することが可能です。住宅という大きな担保があるため、住宅ローンは銀行にとってリスクの少ない商品です。低金利で設定しても、利益が出るのが住宅ローンなのです。

 

カードローンは担保も保証人もありません。返済してもらえないと、銀行は融資したお金を回収できずに赤字となるリスクを抱えます。回収できない割合は約1%から3%といわれます。
実はカードローンの金利はこの数値を元に設定されています。

 

カードローンは無担保・保証人なしのリスクを金利でおぎなっています。債権回収できなかった場合でも利益が出るように、高い金利が設定されている。これが「無担保・保証人なし」でカードローンが成り立つ理由なのです。

 

銀行のカードローンは、実際は保証人が存在する

銀行のカードローンを利用するとき、一つ条件がついてきます。「保証会社の保証を受けられる方」という条件です。実は、銀行のカードローンは保証会社が保証人の役割を果たしています。保証会社は、返済が滞った人の代わりに銀行にお金を支払ってくれます。

 

このとき、銀行は保証会社に「保証料」という費用を支払います。このシステムは代位弁済と呼ばれています。

 

保証会社が銀行に代わりに返済をしてくれた場合、今度は立て替えてくれた保証会社に返済する義務が生じます。借入した人が返済する義務はなくなりません。銀行のカードローンは保証人がいないように見えて、実際は保証会社という保証人が存在しています。

 

代位弁済となった場合、返済条件はまず間違いなく変更されることとなります。金利の上昇もありますし、一括返済を要求されることもありえます。

 

また、銀行のカードローンだから取り立てが厳しくないと思ってはいけません。

 

銀行カードローンの保証会社は、大手の消費者金融です。そのため、実態は消費者金融のカードローンと変わりはありません。借りたお金を返さなければ、けっきくは消費者金融から返済請求を受けるので気を付けましょう。


このページの先頭へ戻る