利用限度額とは

消費者金融の公式サイトで大きく表示されている「利用限度額(借入限度額)」というのは、カードローンを利用して借入のできる最大の金額を示しています。例えば、利用限度額が500万円となっていれば、そのカードローンでは利用者に対して500万円までの貸出をしているということです。

 

しかし、利用限度額が500万円だからと言って、申込者全員に対して500万円を貸し出すわけではありません。契約における審査において、申込者の年齢や年収、勤続年数、勤務先、他社からの借入状況、指定信用情報機関からの照会情報、などを総合的に判断して、限度額が決められます。

 

例えば、初回契約において通常は50万円まで貸出可能となっていたとしても、申込者の年収や勤続年数などの属性を評価した結果、30万円以上は不可、となることも少なくありません。

 

返済実績による利用限度額のアップ

ほとんどの消費者金融では、初回の契約における利用限度額は申込者の年収に関わらず、低めに設定されます。その後、継続的な借入と遅滞ない返済を続けていると、消費者金融に対する信頼が増すことで、利用限度額が引き上げてもらうことが可能になります。なお、消費者金融から信頼を得るためには、一度に高額な借入をするのではなく、少額でも良いから定期的に借入を続けることの方が重要です。

 

なお、消費者金融が利用者に対する利用限度額の引き上げの判断をする際には、指定信用情報機関の存在が大きく影響します。現在は貸金業法によって、すべての消費者金融の取引情報が指定信用情報機関に登録されるシステムになっています。そのため、消費者金融1社から借入をしている利用者の借入実績が全消費者金融の間で把握できるようになり、その結果、各消費者金融が自社の利用者に対する借入の可否を即時に判断できるようになりました。

 

極度額とは

ちなみに、利用限度額の他に「極度額」という言葉があります。ただし、極度額という言葉は契約書以外で使われることは滅多にありません。。

 

極度額というのは、契約上利用者が借り入れることのできる上限額で、利用者が極度額の範囲で希望した上限額を利用限度額としています。例えば、契約書に極度額100万円、利用限度額70万円と記載されている場合は、最大で70万円まで借り入れることが可能になります。利用限度額を極度額まで上げてもらうためには、契約をし直す必要があります。

 

極度額と同金利の借入

なお、銀行の極度額は消費者金融の極度額とは違って、極度額が設定されると、借入金額が少額でも極度額の金利が適用されるシステムになっています。

 

例えば、金利が10%になる200万円に極度額が設定されると、通常、金利が15%である20万円を借り入れた場合でも、極度額の10%の金利で借り入れることができます。ただし当然、審査においては、極度額を借りられるだけの与信を得られることが前提にはなります。


このページの先頭へ戻る