カードローンの申込みと手続き

カードローンは現在、銀行や消費者金融など多くの業者が取り扱っています。そしてその申し込みや手続きの方法には、店舗や電話、郵送などの方法がありますが、ここでは現在最も一般的な、インターネットからの申込みについて紹介します。

 

申込み

申込みをするカードローン会社の公式ホームページの、新規申し込みのページにアクセスする。申込みフォームには一般的に、氏名、住所、電話番号などに加えて、勤務先の情報や年収、家などの資産の情報を記入します。

 

それぞれ指示通りに記入すれば大丈夫ですが、名前や住所などの誤字、脱字には注意が必要です。また年収などは多めに記入したくなる気持ちも分かりますが、後から収入証明書などの提出があり、結局はバレることになります。またここで間違いを記入してしまうと、場合によっては、条件的にはOKなのに、そのことが理由で融資を断られてしまうこともありますので注意しましょう。

 

審査

申込みが終了すると、申込みを受けたカードローン会社は、融資の審査に入ります。これは申込みフォームに記載された情報を元に、個人信用情報機関などの情報を合わせて行われます。現在この審査は、早ければ即日、遅くても2〜3日以内には結果が出ます。

 

在籍確認

審査と同時進行で行われるのが、勤務先への在籍確認です。自己申告された勤務先に、本当に勤めているのかを電話をかけてチェックします。この電話は個人名でかかってきますので、普通は勤め先にバレたりしませんが、現在は携帯電話が普及したせいで、会社に個人あての電話が来ただけで、疑われてしまうこともありますので、注意が必要です。また場合によっては、住所確認の電話が自宅にかかってくることもあります。

 

必要書類の提出

これも審査と同時進行で行われますが、身分証明証などの本人確認書類と収入を証明する書類の提出を求められます。ネットでの手続きの場合には、スキャナーやデジカメなどでこれらの書類を画像化して、指定の方法でアップロード、あるいはメールに添付して送付することになります。

 

確認電話

融資審査が終わると、最終的な確認の電話が入ります。融資ができない場合には、ここで断られますし、融資が可能な場合には、限度額や適用金利が連絡されます。そこで問題なければ、契約を結ぶことになります。即日融資などの場合には、郵送など事後手続きで契約書のやりとりをします。

 

融資

即日融資の場合には、確認電話で指定の金融機関への振り込みを依頼します。それ以外の場合には、郵送でカードが送られてきてからの利用になるか、もし急ぎの場合には自動契約機などで手続きをすれば、その場でキャッシュカードを発行してもらうことができます。


このページの先頭へ戻る