どこのカードローン会社を選ぶ

今は消費者金融や銀行など、たくさんのカードローンがあり、その中から自分に合ったカードローンを選ぶのは難しくなっています。そこで、初めてカード―ローンを申し込もうと考えている方に、カードローンを選ぶポイントや、利用の注意点などを紹介していきます。

 

カードローン選びポイント

カードローン選びのポイントには4つあります。

・信用があり安心できる会社、金融機関であること。
・金利や手数料や安いこと。
・自分が希望する融資額を受けられるか。
・返済方法や支払プランを確認する。

この4つのポイントは、カードローン利用者が始めに迷ったり、悩んだりする点となるので、この点をしっかりと確認して、より自分に合ったカードローンを選んでいきましょう。

 

信用があり安心できる会社、金融機関であることとは?

初めてカードローンからお金を借りようとしている人や、カードローンの利用に慣れていない方には、どこの会社がいいのか判断に悩みます。それぞれの会社、金融機関の特徴や口コミなどをしっかり理解して、信用のある安心して利用できるところを選べる知識を身につけましょう。

 

まず安心という点から選ぼうとするなら、大手のところならまず問題ないでしょう。大手というのは、テレビCMや広告でよく見かけるところをいいます。そういったところは、貸金業の団体へ登録していて、相談窓口なども設けられているので借入や返済についての相談を受けることができます。

 

ですが、貸金業の団体へ登録しているからといってすべてが安心安全ではありません。あくまで判断基準のひとつとしてとらえるといいでしょう。

 

電柱や駅の路地裏の壁などに、電話一本でお金を貸しますといった宣伝・広告をみかけることがありますが、そういった業者は、いわゆるヤミ金と呼ばれる業者であることが多いので注意が必要です。他のところに比べて好条件だったり、ブラックOKというところも怪しい業者ですから注意が必要です。

 

このような貸金業者とは反対に、店頭申し込みできる銀行などの金融機関でしたら安心・安全なところと言えますね。

 

金利や手数料や安いこと

改正貸金業法によって、グレーゾーン金利がなくなり今ではとても低金利な時代になっています。各カードローン会社や金融機関の最高金利は20%以下と決められていて、最低金利も3%からと借りる側にはとてもうれしい限りとなっています。

 

自分が希望する融資額を受けられるか

カードローンからお金を借りる際にもっとも重要な点になります。各カードローン会社によって融資額の上限が違ってきますから、借りようとしている会社が自分が希望する融資額で借りることができるかどうかを確認しておく必要があります。改正貸金業法「総量規制」によって、年収の3分の1以上を超える借入はできなくなっています。他からお金を借りていない場合はいいのですが、他の業者からお金を借りている際には借入額が年収の3分の1を超えてしまうようだと、希望する金額で借りることは難しいでしょう。

 

年収の3分の1を超えてしまうようなら、審査は厳しくなりますが総量規制の対象外となる銀行カードローンがおすすめです。また、たとえ自信の最高借入可能額まで借入してしまっていたとしても、生活上どうしてもお金が必要だといった場合には特別措置もあります。

 

返済方法や支払プランを確認する

お金を借りたら返済する義務があります。返済方法には、元金と利息を合わせて一定の金額を支払う「元利均等方式」と元金に金利が上乗せされた金額を支払う「元金均等方式」がありますから、事前にしっかりと返済方式を確認しておくことも必要です。返済方法や支払いプランは、各カードローン会社のHPなどで確認することは可能です。

 

カードローンは借入限度額内だったら何度でも借りたり返したりをすることができます。こういうことから、返済期間が長くなってしまうケースが多くなります。返済期間が長くなればそれだけ金利もたくさん払うことになりデメリットが生じてきます。カードローンは計画的に借入すると便利なサービスですから、必要な時に必要な分だけお金を借りて、お金を借りたらできるだけ早いうちに返済していくことが、上手なカードローンの利用方法といえるのではないでしょうか。

 

カードローンとはお金を借りることですから、日々の生活の中で上手に利用していくことで長いお付き合いができて便利なサービスなのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る