カードローンとキャッシングについて

よく耳にするカードローンとキャッシング、言葉が使い分けされるような違いがあるのかわからない方が多いと思います。ここで、カードローンとキャッシングには違いがあるのか考えてみましょう。

 

カードローンとキャッシングが意味するものは何でしょうか

 

キャッシングの意味は

ひと言でいうと、キャッシングは融資を受けることを指します。キャッシングというと消費者金融が知られています。消費者金融会社より融資を受ける場合に、キャッシングサービスを受けるということができます。また、キャッシングは無担保のローンを呼ぶことが多いようです。

 

カードローンの意味は

カードを使ってローンを組むことを指します。契約の際は融資額が設定されていますので、融資を受ける場合はその融資額が限度額となり、ATMでカードを使って融資=借入をすることになります。これも、また、無担保でローンを組むことになります。

 

一般には、融資=キャッシングと解釈されています。カードローンは融資を受ける際にカードを利用するという違いがあります。しかし、最近ではカードを利用しないカードローンが出てきているので、従来のカードローンの定義があてはまらなくなってきました。

 

カードローンが頻繁に使われだしたのは何故でしょうか

実社会においては、キャッシングとカードローンの境界はほとんどないようで、同じような意味で使われる言葉です。

 

実は、どちらも共通して、

・担保をとらない
・保証人をたてる必要がない
・審査により設定された利用限度額内であれば借入金額は自由である

というのが利用者にとって、メリットです。

 

以前は、個人が融資を受ける場合には、消費者金融会社へ融資を申し込むことが多く、その際にサービスの名称にキャッシングという言葉が使われていました。ところが、返済不能や多重債務などが大きく社会で取り上げられ、消費者金融会社を利用する人が減ってきました。金融業界の再編により、ほとんどの消費者金融会社は大手の銀行グループ傘下となりました。

 

以前のキャッシングサービスを銀行が行うことになったため、消費者金融時代のマイナスなイメージから脱却することも狙って、キャッシングサービスの代わりに、カードローンという言葉が使われ始めました。

 

CMなどで、カードローンが紹介されるようになり、この言葉は一般社会に浸透しました。カードローンと名称は変わりましたが、実際の業務自体は消費者金融会社が行っていますので、以前としくみはあまり変わっていないようです。

 

銀行が提供するサービスがカードローンと呼ばれていますが、実際はキャッシングと同じサービスと思ってください。窓口が銀行になっただけで、実際の業務は消費者金融です。融資を受けたら、きちんと返済する、ということを心がけていれば利用価値のあるサービスです。


このページの先頭へ戻る