巷でよく耳にする「カードローン」って一体どんなローン?

カードローンというからには、やはり「カード」が発行され、ATM等を利用してキャッシング=現金を引き出すことが可能、というのが条件の1つになります。けれども実際は、カードローンにはもっと多くの特徴があるのです。

 

用途が限られておらず、担保なし、返済はリボルビング方式

用途が決まっているローンのことを「目的別ローン」といいます。車のローンや住宅ローンが代表的な目的別ローン。事業向けのローンもあります。目的別ローンでは、その用途にしか借りたお金を使うことができませんが、カードローンは基本的に「何に使うか」ということは不問。ただし、個人向けのカードローンでは、事業資金としての使用を禁止していることも多いです。

 

カードローンは、担保がないというのも特徴です。つまり、例えば持ち家を担保にお金を借りる、といったことがないため、担保にできるような財産がないという場合でも融資を受けることができるようになっているのです。

 

そして返済は「リボルビング方式」が基本です。後で別途説明しますが、リボルビング方式ではなく、次の月の支払日に一括で返済するような仕組みのキャッシングは、カード「ローン」とは呼ばないのが一般的です。

 

リボルビング方式とは、借入額に関わらず、月々決められた金額のみを返済していけば良い返済方式のことです。クレジットカードのリボルビング払いの場合は、月々支払う金額は自分で設定しますが、カードローンの場合、最近の主流は「残高スライド」といって、現在借りている額の総計に対して、返さなければならない月々の額が自動で決められる、というものです。

 

簡単にいえば、借りている総額が大きければ大きいほど、月々の返済額も大きくなり、総額が減ればノルマも減る、という仕組みが残高スライド。返済に余裕が生まれますが、計算上なかなか返し終わらなくなってしまうので、途中まとまった額を返済するようにするなど、注意が必要です。

 

融資限度額内なら繰り返し借りられるのが特長

目的別ローン等との違いとして忘れてはならないのは、1度きりの融資ではなく、繰り返し融資が受けられるという点です。といっても無尽蔵に借りられるわけではなく、審査結果によって融資総計の限度額が決められています。また、消費者金融系など銀行以外のカードローンでは、総量規制が適用になるため、年収の3分の1をこえての借入はできません。

 

クレジットカードについているキャッシング機能とは違うの?

限度額やカードでキャッシングできる、という点は同じですが、返済について以下のような違いがあります。

 

・・・カードローン→リボルビング払いでの返済
・・・クレジットカード→次の月のクレジットカード代金支払日にあわせて一括で返済

 

そのため、「キャッシング=次の月に一括返済するもの」という意味で使われていることも多いです。が、どちらかといえばカードを使って現金融資を受けられるものなら全てひっくるめて「キャッシング」という傾向が最近では強くなってきています。

 

カードローンはどこに申し込めばいい?

カードローンは銀行、ネットバンク、消費者金融、クレジットカード会社が取り扱っています。メリットとデメリットが業者ごとに存在しますので、自分の現在の状況や、返済能力、お金を使う目的などを考えあわせた上で、比較検討してみるといいでしょう。ほとんどのカードローンがインターネットを通じて申し込みできます。


このページの先頭へ戻る